ツール使用でツイッターのアカウントロックが連発

小松 毅鑑の顔

小松 毅鑑の顔

こまっちゃんこと小松の公式サイトです

小松 毅鑑の顔 TOP  >  自動化ツール/アプリ  >  自動ツール使用でツイッターがロックされた時の解除方法

自動ツール使用でツイッターがロックされた時の解除方法

フォローマティックXの使用でTwitter,ツイッターアカウントがロック

 個人的な肌感覚として、どうもツイッター運営は使ってもロックないし凍結させないアプリ( ツール )と、逆にインストールしただけでロックおよび凍結させるアプリとに分けているようだ。

フォローマティックXY使用で1度ロックされると

 コチラからのWordPressでの投稿も久々であるが、これからは無料ブログよりもこちらの投稿を重視して行く事にする♪^^

さて本日の、お題は「 ツイッターでの自動フォローツールを使った結果、アカウントがロックされてしまった場合 」の対策方法を考えて行きたい。

まず結論から記すが、「 フォローマティックX 」なるTwitterの自動フォローツールを使った結果、1度でもあなたの「 ツイッターアカウント 」が「 ロック 」されると、それの解除はすぐに行えても、またすぐに自動ツールを使うと、再びロックされやすくなる現象が起きる。

ちなみに、ロックは今のところ何度でも解除出来てはいるが、あまり頻繁だとその内「 凍結 」にもなりうるので注意が必要だ。

「 凍結 」にも、解除出来るものと解除が効かない「 永久凍結 」とが有るが、ロックも同様だ。↓

「 永久ロック 」のアカウントの場合、解除用のコードが電話に届かないので「 お問い合わせ 」フォームからロック解除の申請メールをTwitter運営側に送るのだが、解除フォーム付きの返信メールが来ないので、にっちもさっちも行かなくなった私のアカウントも存在する。

自動化ツール内の設定を限りなく緩くしてもロック

 実際のフォローマティックXの設定画面を御覧いただきたいのだが、自動フォローの間隔を「 30分に1アカウント 」と標準よりも、かなり低く設定しているにも関わらず、ロックされてしまったのである。↓

フォローマティックXのツール使用で設定を限りなく低めにしてもダメ

これは一体、どういう事なので有ろうか?

自動フォローが始まった時点でロックが掛かっている?

 これは、あくまでも私め自身の勝手な推測では有るが、1度「 ロック 」が掛かったアカウントは、解除後も再び「 ロックされやすくなる 」と言う仮説が立てられるのでは無かろうか。

自動つぶやきツールのbotは大丈夫の様だ

 ところで「 フォローマティック 」は「 Y 」と呼ばれる自動つぶやきツールも有るのだが、こちらのbotは稼働していてもロックや凍結には、なかなか至らないのである。

私めはプログラミングの知識は無いので( HTMLとCSSくらいは出来るが )何が原因で、この様な結果になっているのかを詳しくは説明は出来ないが…

取り敢えずメルマガにも貼り付けてある、これらのTwitterの5アカウントは今後も恒久的に使っていきたいので、「 X 」ツールでの自動フォローは行わない事にした。

アカウントがロックされた時の解除の手順

 私は携帯電話番号に「 ロック解除用コード 」を送信して貰う方法で今回は行ったので、その手順を図解付きでご説明させて頂くが。

2021年11月現在は、ロック解除に固有の携帯電話番号が絶対に必要で、メールアドレスだけでは解除できない仕組みになっている。

さらに携帯電話の番号も、050番号および1台の端末に複数作成した番号や、自宅の固定電話の番号で解除申請を行っても、ロック解除用コードは送られてこないので念のため。

アカウントがロックを解除させる為のコード送信

もちろんメールに送信して貰っても出来る筈なのだが、永久ロックになったまま解除できないアカウントは、2回めの解除フォーム付きの返信メールが、何度送っても迷惑メールフォルダにすら帰って来ないので、潔く放置している状態なのである( 笑 )

無論、ロックが掛かった状態で電話番号の変更や登録は出来ない仕組みになっている。( 泣 )

携帯電話に送られてきた解除申請用のコードを入力する。↓

ツイッター,Twitter,アカウントロックを解除するためのコード受信

無事にコードの入力が終わったら、「 パスワードリセット 」の画面に映るので、新しいパスワードを設定する必要が有る。↓

rock4

そうすると、めでたくアカウントのロックが解除され、また自由に使えるようになる、という運びである。

取り敢えず、説明は以上である。

それでも、あなたにお勧めなフォローマテックXYとは

 フォローマティックXを稼働させなくても、別のツイッター自動ツールをブンブン回していれば、何らかの形でロックや凍結には、なるものである。

今回はフォローマティックXを使用した中でのロック解除では有ったが、だからと言ってフォローマティックがダメなツールと言うわけではない。

むしろフォローマティックは売ったら売りっぱなしではなく、きちんとバージョンアップして、ツール性能の更新に余念がない。

また「 ツイッターで稼ぐ 」ために自動フォローと自動つぶやきに特化しただけの生半可な商材ではなく、あなたがネットビジネスを遂行して行く上で試金石にもなりうるだけのノウハウが詰め込まれている。

値段は一般的なサラリーマンが1ヶ月のお小遣いだけで買えるだけのリーズナブルな価格に設定されているものの、その中身は1つの高額塾にも匹敵する内容で有るのは間違いない。

インフォトップで2014年度の殿堂入りを果たしているこの商材の市場評価は高いのだが、初心者を自覚される方には収益が発生するまで少し時間が掛かるかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


記事ランキング

WordPressの.php編集でHTMLタグをイジっていたらブログが消えた NO1

第1位 失敗!WordPressがサーバーエラーで6回目の削除に

500&404Internal Server Errorが出て修復不可能に!  2015年の12月30日に、また誤ってWordPressを消すハメに…(ToT) 特に昨年2014 […]

記事の続きを読む
ブログ初投稿に使ったガラケーSHARP-910SH NO2

第2位 ブログ記事の作成が2017年12月9日で10周年の記念日に♪

【 本稿の記事ページの目次 】  1. 2007年の12月9日にモバゲー日記に投稿  2. モバゲー日記のブログ記事でも1万3千アクセス!?  3. 会社の先輩の紹介で入会したのが始まり  4. 3G […]

記事の続きを読む
トレンドブログ NO3

第3位 トレンドブログを書き続けても稼げない理由はなぜか?

【 本稿の記事ページの目次 】 1. 短時間で高品質な記事を作成できるのか 2. 猪突猛進でやみくもに作業しても稼げない 3. ズレた方法で記事を更新し量産し続けた結果 4. メンターはカーナビゲーシ […]

記事の続きを読む
Kawasaki ZRX-Ⅱ事故後バイク屋で

第4位 ※実話※160キロのスピードで転倒した時のバイク受け身の実体験

本稿のバイク事故は忘れもしない1995年( 平成7年 )7月10日か11日の朝、不肖この私めがまだ20代だった頃の実話である。

記事の続きを読む
畑岡 宏光,マスターマップ,MasterMap,スタートアップセミナー,東京会場

第5位 畑岡宏光氏のスタートアップ・セミナーに参加した感想

 畑岡 宏光氏は今回のマスターマップのスタートアップセミナー2016で、「 東京のセミナーで、これだけの温かい雰囲気は、かなり嬉しい♪ 」と感想を述べられていた。 マスターマップのスタートアップセミナ […]

記事の続きを読む
こまっちゃんのプロフィール

 初めまして、小松と申します。名刺代わりの当HPに、お越し頂き誠に有難うございます。以前はトラック運転手の仕事を足掛け13年やってました。誠心誠意、真心を込めた対応をさせて頂く様、全力で努めて参りますのでなにとぞよろしく、お願い申し上げます。ご意見やご要望、時には「 お叱り 」などもございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む
アーカイブ

    Copyright(C) 2012-2022 小松 毅鑑の顔