トレンドブログで稼げない理由はなぜ?

小松 毅鑑の顔

小松 毅鑑の顔

こまっちゃんこと小松の公式サイトです

小松 毅鑑の顔 TOP  >  トレンドブログ  >  トレンドブログで稼げない理由はなぜ?

トレンドブログで稼げない理由はなぜ?

trend-blog

短時間で高品質な記事を作成できるのか

 今日の、お題は「 トレンドブログで稼げない理由
[ trend-blog ]を徹底的に検証して参る所存。^^

その前に「 トレンドアフィリエイト 」という手法に
馴染みが無い方の為に、ザックリご説明申し上げると
「 いま流行していて話題になっているネタを元に、
それに関連した記事コンテンツ( 情報の中身 )を作成し
アクセスを集めてクリック課金型広告で稼ぐ方法 」
【 主流はGoogleアドセンス広告 】という概念である。

で、記事タイトルにも有る様に「 稼げない理由 」を
謳うからには当記事を打ち込んでいる不肖この私めに対して、
あなたは「 お前は当然、トレンドブログで
月収100万円は稼げているんだろうなぁ? 」と
思われるかもだが、そんな事は無い。( 笑 )

だが、実際に稼げている「 実績 」が無くても、
この様な形で「 情報発信 」出来る事は可能なのだ
という事を、これから当記事の中で証明していく。

  • トレンドアフィリエイトを実践したいと思っている
  • 実際にトレンドブログを運営しているのに稼げない
  • アクセスを集めないと稼げないのが現実
  • どうすれば、アクセスを集められるか
  • 定番の1日3記事を量産し続けてもアクセスが増えない理由
  • マインドさえ備われば稼げるようになるのか?
  • SEOを攻略したいと考えているが上手く行かない
  • 単体キーワードだけで上位表示させた記事を御紹介
  • SEOで上位表示させるにはどうすれば?
  • アクセスが爆発してランキング1位になった実例

 基本的にトレンドブログで稼ぐためには1日3記事を更新するのが定石だと言われて居る。

忙しいサラリーマンの方が副業で、これを実践するには、1記事1時間くらいで書き上げて投稿しないと時間が、いくら有っても足りないだろう。

では、ただ闇雲に記事を投稿し続ければ稼げるように、なるのであろうか?

トレンドブログで収益化を目指すためには
SEO【 Search Engine Optimization:検索エンジン最適化 】を攻略する必要が有り、質より量の低品質な記事は検索で上位に表示されないのでアクセスが伸びない。

かと言ってコンテンツボリュームを豊富にすべく内容を充実した高品質な記事を作成しようとすれば、どうしても時間がかかる。

この矛盾した問題を、どう解決していけば良いのであろうか?

そんなあなたは是非とも無料の当記事を、お読み頂くことを自信を持って、お勧めする。^^↓

猪突猛進でやみくもに作業しても稼げない

 よくインターネットビジネスで成功する為に大切なのが、
「 ノウハウ:専門的、実用的な技術、知識、手法 」よりも
「 マインド:心構え・精神 」が重要だと言われている。

これは確かに、この通りでどんなに良いノウハウを手に入れてもマインドが備わってないと物理的な作業を継続できないからである。

だが、マインドだけで猪突猛進的に闇雲に作業し続ければネットビジネスで稼げる様に、なるので有ろうか?

ここは非常に重要な部分では有るが答えは否である。↓

勿論、ノウハウだけでも稼げる様には
ならないがパソコンやスマホ等の
電源を入れるのも1つのノウハウだからである。

トレンドブログに限らずネットビジネスで実際に収益化を目指すのであれば、マインドセットとノウハウが車の両輪の如く両方が機能していないと、目標は達成できない。

ズレた方法で記事を更新し量産し続けた結果

それではトレンドブログで、
ただ闇雲に記事を更新し量産し続けると
実際には、どういう結果なるのか?

その答えは実際にトレンドブログで、
稼がれた実績の有る笠原慎介氏の
講義動画を貼っておくので是非。^^↓

 笠原氏はブログが強くなる1つのターニング・ポイントが
120~150記事であるとしているが、
200記事を超えてもアクセス数が1日
1,000PV【 ページビュー 】にも満たないブログは、
この後も伸びて行かないので、ブログを作り直すか
過去に投稿したアクセスの無い記事を大量に削る必要が
有ると仰っているのである。

個人的に思うのは、正しいノウハウに沿って
作業せずに、闇雲に記事を投稿し続けた結果が
ブログの作り直し 」に直結する、という
悲しい現実に直面する破目に、なる。↓

こうなると今までに使った時間と努力が全て
水の泡 」となり、骨折り損のくたびれ儲け
になってしまうので要注意だ。

 さて、もともとトレンドアフィリエイトと言った
ノウハウ( 専門的、実用的な技術、知識、手法 )は
最も有名な2大情報商材である、

【下克上∞( MUGEN ) 】~トレンドアフィリエイト教材~
プライド-PRIDE- 」が元になっているものと
思ってはいたが、その前に「 ビクトリーキャッシュ 」
という教材が、かなり早期からトレンドアフィリの
手法( ノウハウ )を体系化して、販売されていた。

しかし、、ビクトリーキャッシュは2019年現在、
販売されていない様である。

これらの教材はおろか、「 トレンドアフィリエイト系 」の
ノウハウ自体、いままで買ったことがない私めなので
商材の詳細が、どんな内容なのかまでは知る由もないが、
いずれにしても、この手法を最初に考えた人間は
よほど頭が良い方に違いないと思ってしまう。

( 下克上と、プライドはヤフオク!で購入。 )

 さて、具体的な記事コンテンツの作り方であるが
コレは、いま流行になっている芸能人などの話題を
YAHOO!などのニュースサイトやTwitterなどから探し出して、
その時事ネタに関連した2次コンテンツの記事 」を
出来るだけ素早く書き上げ、ライバル達よりも
WEB( インターネット )上にアップロードして
SEO( 検索エンジン最適化 )で上位表示させて
アクセスを集めて稼ぐというもの。

 数あるネットビジネスの中では比較的、
初心者向けだと言われる「 トレンドアフィリエイト 」だが、
右も左も分からない初心者などが実際やってみると、
口で言うほど簡単ではない。

「 行動を阻害するメンタルブロックを外して
マインドセット( 心構え )を整え、とにかく数をこなせ!」
とは、よく言われるが肝心要の「 やり方 」がズレていて
間違っていたら何千記事、何万記事を上げようが、
¥0ということは無いが十分には稼げない。

結果、「 これ、無理じゃね? 」などと
多くの人間が稼げずに挫折して辞めていく。

ここで威力を発揮するのが
PDCAサイクル 」なのである。

厳しいことを申し上げる様だが、いくらPDCAを
実践してみても実行の仕方じたいが、ズレていると
「 下手な考え休むに似たり 」で効果を発揮しないだろう。

そこで、その間違った方法に陥らないために
ノウハウ教材を買い「 メンター( 指導者 )」に
習う事が欠くべからず大事になってくる。

メンターはカーナビゲーションの役割

間違った方法で作業を繰り返している時に、正しい方向へと軌道修正してくれるのがメンターの役割でも、あるからだ。

無論、メンターも自身の実績を偽って集客を行う金だけが目的の詐欺的なメンターも存在するので選択は欠くべからず大事だ。

メンターは正にカーナビゲーションの役割を担っているのだが、無論これ以外にも人間対人間の付き合いなので様々な相談に乗って貰ったり、交流するなどして人間関係を深めていくことが出来る。

master

ところがネットサーフィンなどをしていると、実際にコンサルティング業をされている方々が一様に嘆いている内容が「 プライドの高いコンサル生が、こちらのアドバイスを素直に聞かない 」と言うもの。

これも非常に、よく分かるのだが人間は自分の、やり方を否定されると、たとえそれがメンター( 指導者 )であっても反発心を覚えるようである。

確かに気持ちは理解できるが、あなたが稼ぐ目的でメンターに習ってコンサルを受けていらっしゃるので有れば、素直に聞き従ったほうが早く稼げる。

何故ならばメンターは、あなたが自分自身では、なかなか気付かない
作業方法のズレ 」を指摘して下さるからである。

ただし稼いだ事実も無いのに嘘の実績を偽って「 稼ぎました! 」などと加工した納税証明書を提示してまで金儲けだけが目的の集客をする様な人間は、選ばないほうが賢明かと思われる。

実際にSEOで1位を取れた独自コンテンツ記事

 これは上に貼ったURLリンクの記事内でも触れている内容なのだがクリックされなかった方の為に、ここでも改めて不肖この私めがSEOでGoogle,YAHOO,Bingの3つの検索エンジン全てに於いて1位を獲得した証拠画像[ EVIDENCE ]を掲載する。↓

grc-seo1

コレは検索順位チェックツール「 GRC 」での今朝のキャプチャ画面であるが、先月の7日に実際に近所の図書館に足を運び、そこのパソコンで検索しても、1位の結果で表示された。↓

bandou-pa

こちらが、Google検索の表示結果でSEO1位に輝いた証拠写真のサイトのURLリンクだが、検索語句は単体キーワードの「 坂東PA 」「 坂東パーキングエリア 」「 坂東休憩所 」の、いずれの単体キーワードを入れて検索を掛けても堂々1位に上位表示される。↓

無論、「 圏央道 坂東パーキングエリア 」の複合キーワードでも1位に上位表示されるが、では何故この様な嬉しい検索順位結果を獲得することが出来たのであろうか?

しつこい様だがこれが「 基本 」であり、ココを疎かにしてSEOで上位表示を狙っても、99.99%期待通りの好結果は得られない。

結論から申し上げるなれば「 旧来の手法に沿ったやり方なら 」なにしろWEB上のネタをライバル達よりも、
いち早く見つけて、いち早く記事を作成し、いち早くWEB上に上げて上位表示させるのが攻略の肝になる。

だが、ライバル達よりも早くWEB上のデータベース( サーバーなどに保存され、整理された情報の集合体 )にインデックス( 検索、見出し )さえさせればSEO( 検索エンジン最適化 )に拠るGoogle、YAHOO!、Bingなどのインターネット検索で上位表示されるかと言えば、世の中そんなに甘くはない。

 そのサイト自体が、2016年の時点で世界全体の約93%の検索シェアを占めるGoogle( YAHOOも含まれる )の検索エンジンのアルゴリズム( 算法 )に適っていないと、何百万、何千万もあるメディアの中の検索結果で上位表示させることは出来ないからである。

昔は全くの別物で有ったYAHOO!検索の
アルゴリズムは今現在、Googleの物を取り入れられて
いるのが、これの検索シェアが9割以上である理由だが、
トレンドアフィリエイトで稼ぐためには、
このSEO対策は避けて通れない道なのである。↓

一般的に、よく言われるのが記事さえ量産すれば
100記事あたりで一気にGoogleからの評価が上がり、
200記事を超えると更に評価が跳ね上がり
「 ブログ、サイトパワーが強くなりSEOで上位表示されやすくなる 」
とは言われているが…

情報量の少ない内容の薄い
低品質な記事だと、いくら量産しても効果が上がらない
とも言われている。

( 以下「 圧倒的集客を実現するコンテンツプランニングと絶対やるべき5つの事 」から引用 )↓

それぞれの検索キーワードで調べてくる人が
120%満足する内容を届けよう。

そうすることによって、一つ一つの記事が多くの
シェアとナチュラルリンクを得られるようになる。

そこから自然と大きなSEO効果が生まれ、
その効果がカテゴリーページや
ブログトップページに効いてくるようになる。

低品質な記事をどれだけ頑張って更新しても、
そのような連鎖が全く起きないので意味がない。

( 引用ココまで・出典:バズ部 )↑

だが、ここで矛盾が生ずる。

何しろスピード重視で記事コンテンツを作成したら
インデックスは早くなるが、その分どうしても記事の内容が薄く雑に、なるので品質が落ちる

逆にじっくり時間を掛けて記事を仕上げれば、その分コンテンツボリュームたる記事の内容も濃いものになり品質は高くなるが、インデックスのスピードは遅くなり、ライバルに遅れを取る結果になる。

この問題は単純にタイピングの速さなども関係してこようが一番、理想的なのは
「 検索ユーザーを満足させるだけの、内容の濃い高品質な記事を最速で書く 」という事だが、これが出来れば矛盾は生じない。

だが、ココまでの基本は世の中のトレンドブロガーの殆どの方が実践されている内容なので、ライバル達を出し抜いて1歩先へと出るためには更なる取り組みが必要なのだった。

基本を無視して稼ぐのは無理ゲー

まず、「 基本には、あくまでも忠実に 」とする姿勢が功を奏したのは言うまでもない。^^

ここで、いきなりオリジナルに疾走し無料ブログサービス等で、キーワード選定すら無視した内容の薄い低品質な記事を上げても、上位表示は極めて難しい。

( ライバル不在のブルーオーシャンなら有り得なくもないが )

使っているのはトレンドブログの定番である「 WordPress 」であり、ドメインを買い有料レンタルサーバー
( 巷で推奨されているX-serverを選択 )と契約し、サスガに1日3記事とは行かないまでも、マメに記事を更新し続けている結果やもんで。



独自性が功を奏した記事の内容とは

 「 圏央道、坂東パーキングエリアの場所はどこなのか 」の記事作成時に考えたのは、
「 独自のオリジナルコンテンツ記事を作ろう 」というもの。

これは完全に「 芸能人の時事ネタを取り扱ってアクセスを稼ごう 」
などというコンセプトは無く、独自のコンテンツ記事では有るが
WEB上の記事を参考にリライト( 書き換え )した
2次情報も当然、入っているのは言うまでもない。

その2次コンテンツの利用に加えて、
自分の足で現場まで行き、豊富な枚数の写真を撮影し、
実際に関係機関に電話取材も行い、
その生の1次情報を素にして記事に、したためた
効果は、間違いなく絶大である。

だが、ここで誤解しないで頂きたいのは
「 自分で取材を行った1次情報コンテンツの
掲載だからSEOでも強く上位表示される 」という
訳では決して無い、という厳然たる事実である。

あなたにも実際に御覧頂ければ、お分かりいただけるかと存ずるが記事内の文字数、情報密度の濃さ、画像の豊富さ、検索ユーザーの疑問に完答すべく書いたコンテンツ内容などで有るが、この他の重要な要素と言われる「 被リンク 」の効果に付いては1章に貼ったURLをクリック若しくはタップで飛んで頂いて、ご確認頂ければと思う。

サウスウエスト航空に学ぼう

 以上に紹介させて頂いた方法が「 トレンドブログで稼ぐための具体的な方法 」だが、ここで重要になってくるのが「 あなただけしか書けない独自の記事コンテンツ 」を投稿するオリジナリティ( 独自性 )も、Googleの検索エンジンの評価基準に入って来る。

では、「 独自性 」とは具体的には、
どういうものを差すのか?

先日、私めが受信しているダイレクト出版のメルマガで有益な情報に触れる事が出来たので、
あなたにもシェアさせて頂こう。

これは全然儲からない業種の典型で有ると言われる
「 航空業界 」の話しで有るのだが、その中で
ただ1社だけ「 異常な会社 」が有るのだと言う。

それが、航空業界の慣習には有り得ない低運賃で運行を続けるサウスウエスト航空
【 SouthwestAirlines 】で、他の航空会社には無い独自性を打ち出して格安な運賃でも高収益な体質を生み出し、1人勝ちを続けているのだそう。↓

( 以下「 ビジネスを破壊する最悪の言い訳 」から引用 )↓

 この会社のもともとのコンセプトは
空飛ぶバス 」だそうで、そもそも
競争相手を航空会社とは考えておらず、
バスだったり自動車などの「 乗り物 」と定義しているそうです。

なので多くの航空会社が、やっている方法は取らず
中規模の空港を拠点に、シンプルな乗り継ぎなしの
直行便を、短い折り返し時間で効率的に飛ばす事だけにフォーカス。

( 引用ココまで )↑

Southwest-Airlines

結果として、この独自性こそがサウスウエスト航空が
航空業界で1人勝ちすることが出来た
主たる要因だったのである!

で、何が言いたいのかというと「 トレンドブログ 」でも
この考え方が当てはまるのではないかと、
このメルマガで書かれていた記事を
病院に行く為に乗った地元の「 バス 」の中で
思っていたという事である。

 これとリンクする同じ内容が本日、拝見した
某ブログ記事の中にも見受けられたのでシェア。↓

( 以下「 ネットニュースラボ 」から引用 )↓

 自分にしか書けないようなコラムのアクセスが伸びた。

なぜか多くの人は特定の手法に頼りたがるんです。

手法なんて必要ないのに。

トレンドに限らず、
世の中のニーズの強い記事を書けば良いと感じました。

需要と供給の関係から考えた場合、
なるべく他人と同じ事は、やらないほうがいい。

( 引用ココまで )↑

これで、答えは繋がった!^^

要は「 トレンドブログを運営する上に於いても、
あなた自身の独自性を出す様に 」というのが
結論なのだが、かと言って稼げていない段階で
「 オリジナルに疾走 」し過ぎても
間違いが生ずるので注意が必要である。

いま申し上げているのは巷で言われている
「 守・破・離 」の概念とは違い、つまりGoogle側にしてみたら
検索ユーザーの答えを表示するのに極端な話し、
全てのコンテンツが皆同じものだったら、
たまったものでは無いということだ。

それは検索ユーザー側に「 選択の余地 」が
無くなるからGoogleの検索エンジン自体が低評価だと
市場に判断され兼ねず、結果として「 Bing行くわ 」
などという事に、なってしまい兼ねないからである。

稼ぐためには3つのスキルの習得が必須

 以上に書き( 打ち )連ねて来たことを
纏めて申し上げるなれば、あなたが今から
トレンドブログを運営して、サラリーマンの
月給以上の金額を稼ぎたいので有れば。

基本に忠実に、コツコツと地道な作業を
続ける事が必要不可欠である。

よくトレンドブログで稼ぐためには
1日3記事の継続が必須 」だと言われるが、
たーだ闇雲に低品質な内容の薄いコピペ記事を
1日3記事10記事と更新し続けた所で、
アクセスが集まらず稼げずに終わるのが
関の山だろう。

間違った方法で、闇雲に作業し続けても
十分な金額を稼げるようには、ならないので
ノウハウも欠くべからず大事なのは確かだ。

 例えば近年は厳しくなったと言われる
Googleアドセンス広告の審査に申請し、これに
合格するのも立派な「 ノウハウ 」だからである

つまり、今までのコンテンツ作成の為に掛けた
膨大な時間を掛けて積み重ねた努力が水の泡になる
という過酷な現実だっ!!

では、トレンドブログの具体的なノウハウとは一体どういう方法なのだろうか?

ここで先程ご紹介させて頂いた笠原慎介氏の講義動画を御覧いただきたい。↓

上の動画で笠原氏が主張されているのは、
ネタ選定のスキル、キーワード選定のスキル、SEO【 検索エンジン最適化 】対策のスキル 」の3つを揃えないと、トレンドブログで稼げるようには、ならないという現実だ。

もし、あなたが間違った方法で作業を続けていてもメンター( 師匠 )が居れば、その過ちを正してくれる。

メンター選びはかくも重要だが、それ以上にあなた自身の「 マインド・セット 」も重要で、
マインド・ノウハウ・スキル( 経験 ) 」のこの3つが三位一体となった上で「 継続は力なり 」となった時に初めて報酬が嫌でも入ってくる様に、なる。

ソネットブログランキングで1位を獲得

 実際に上のノウハウに倣い見事アクセスが爆発してSo-netブログランキングで堂々の「 1位 」を獲得することが出来申した。^^

So-net

上記の内容をgooブログで記事に認めたので是非。↓

この1記事だけで稼いだGoogleアドセンスに拠るトレンドアフィリエイトの日収は約1万円。

無論、運の要素も否定できないが何も考えずに、また何も検証せず、たーだ闇雲に記事を量産しまくっているだけでは、なかなか、アクセスの爆発は起きにくい。

本稿がトレンドアフィリに限らず、稼ぐ為にはマインド( 心構え )も大切だが、ノウハウ( 技法 )も欠くべからず大事だと主張する根拠は正に、ここにあるのだ。

“トレンドブログで稼げない理由はなぜ?” への1件のコメント

  1. sulphur granules より:

    Nice post. I was checkihg constantly this weblog and I am inspired!
    Extremely useful information specially the
    remaining phase 🙂 I handle such info much. I used to be seeking
    this particular info for a long time. Thanks and best of luck.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

WordPressの.php編集でHTMLタグをイジっていたらブログが消えた NO1

第1位 失敗!WordPressがサーバーエラーで6回目の削除に

500&404Internal Server Errorが出て修復不可能に!  2015年12月30日の本日に、また誤ってWordPressを消すハメに…(ToT) 特に昨年20 […]

記事の続きを読む
ブログ初投稿に使ったガラケーSHARP-910SH NO2

第2位 ブログ記事の作成が2017年12月9日で10周年の記念日に♪

【 本稿の記事ページの目次 】  1. 2007年の12月9日にモバゲー日記に投稿  2. モバゲー日記のブログ記事でも1万3千アクセス!?  3. 会社の先輩の紹介で入会したのが始まり  4. 3G […]

記事の続きを読む
畑岡 宏光,マスターマップ,MasterMap,スタートアップセミナー,東京会場 NO3

第3位 畑岡宏光 氏のスタートアップ・セミナーに参加した感想

マスターマップのスタートアップセミナー  一昨日の5月22日の日曜日に東京都港区の六本木に有る、 ラフォーレミュージアム六本木にて、あの畑岡宏光 氏が主催された 「 スタートアップセミナー 」が催され […]

記事の続きを読む
トレンドブログ

第4位 トレンドブログで稼げない理由はなぜ?

短時間で高品質な記事を作成できるのか  今日の、お題は「 トレンドブログで稼げない理由 」 [ trend-blog ]を徹底的に検証して参る所存。^^ その前に「 トレンドアフィリエイト 」という手 […]

記事の続きを読む
フォローマティックXの使用でTwitter,ツイッターアカウントがロック

第5位 ツール使用でツイッターアカウントのロックが連発

  フォローマティックXY使用で1度ロックされると    コチラからのWordPressでの投稿も久々であるが、 これからは無料ブログよりも こちらの投稿を重視して行く事にする♪^^    さて本日の […]

記事の続きを読む
こまっちゃんのプロフィール

 初めまして、小松と申します。  私はトラック運転手の仕事に就いてから今年で足掛け13年目に入りました。名刺代わりの当HPに、お越し頂き誠に有難うございます。誠心誠意、真心を込めた対応をさせて頂く様、全力で努めて参りますので何卒宜しく、お願い申し上げます。ご意見やご要望、時には「 お叱り 」などもございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む

    Copyright(C) 2012-2020 小松 毅鑑の顔

    ページトップ