160キロのスピードで転倒したバイク事故※実話※

小松 毅鑑の顔

小松 毅鑑の顔

こまっちゃんこと小松の公式サイトです

小松 毅鑑の顔 TOP  >  バイク事故  >  ※実話※160キロのスピードで転倒したバイク事故の場所

※実話※160キロのスピードで転倒したバイク事故の場所

Kawasaki ZRX-Ⅱ 事故後バイク屋で

本稿のバイク事故は忘れもしない1995年( 平成7年 )7月10日か11日の朝、不肖この私めがまだ20代だった頃の実話である。

死なずに今でも命があるのは運もあるが、度重なる事故で転倒した瞬間、無意識てきに「 受け身 」が取れたからだろう。

160kmのバイク事故で命が助かったのは奇跡

 ( 上の動画は同じ車種だが、事故とは無関係です )

その日の朝は遅刻ギリギリで自宅を出て焦っており、通勤途中で茨城県取手市の職場に向かう道路を、TOP画像の手前に写っているバイク( 単車 )「 Kawasaki/ZRX-II400 」で、かなりのスピードで飛ばしていた。

そして茨城県守谷市に有る、いったん赤信号で掴まると長い時間待たされる「 市民交流プラザ前 」の、交差点に差し掛かろうとしていた時…!

チラッ!と一瞬スピードメーターに目をやると一般道路でも有るにも関わらず速度計の針は、なななんと「 160Km 」を指していたっ!

そして、市民交流プラザ前の交差点の信号が黄色から赤に変わろうとしていたので、「 ここで赤信号に掴まったら会社に遅刻だ! 」と言う心理的な焦りから、そのまま強引に侵入していってしまったのである。↓

守谷市民交流プラザ前

だが…まさにその瞬間だったっ!!(;・∀・)

市民交流プラザ前の交差点は中央部分が若干盛り上がっている、いわゆる「 わだち 」状になっていた為に160Kmの猛スピードで進入したオートバイは、まるでモトクロスのレースバイクの様に地上から1~2mくらいの高さまで大きくジャンプしてしまったのであるっ!

上のGoogleマップでは、一切の嘘偽りなくガチマジでバイクは画面上の交差点から、画面下の歩道橋まで逆さまの状態で火花を散らしながら滑って行ったので有る。↓

自分では意識していないが、無意識で取った「 受け身 」も命を救う要因の一つであった。

空中で傾いた姿勢が直せずに地面が近付いてくる

 サスガに、わだちで弾かれて浮いた空中ではガチで、メチャクチャ焦ったっ!

160Kmからのノーブレーキングで空中に投げ出された上に、そこで左に傾いてバランスを崩した状態は、とても尋常ではいられない。

茨城県守谷市のバイク事故現場

それでも、どうにか空中にいる間に左に傾いた体制を立て直し、真っ直ぐな状態で着地出来ればと考え、一生懸命に態勢を立て直そうとはしてみた。

だがしかし、その努力も虚しく徐々に近づいてくるアスファルト舗装の地面ーーー…

…終わったな…

その時の心の中でTwitter( 当時は、まだ無いが )の如くつぶやいた完全な諦( あきら )めの境地は、あの事故から21年半たった今でも鮮明に覚えている。

茨城県守谷市バイク事故現場

実はアスファルトの地面に叩きつけられ前に、うまく着地出来れば助かると思っていたのだが…しかし甘かった!!

だが、この後の強運たるやまさに「 奇跡 」と言わずして、なんと言うのか。

この後は固いアスファルト車道の上をヘッドスライディングで滑っていったのであるが、真夏だった事も有ってタンクトップ1丁だったのは最悪だった。↓

ZRX-Ⅱ160Kmで転倒した時の服

先にも申し述べた通りに、バイク自体は逆さまの状態で対向車線を火花を散らしながら歩道橋の下まで滑走していったが、私めの体はそこまでは行かなかったものの、その半分くらいの距離の50メートル位はアスファルトと戯れて滑っていったのを覚えている。

160キロで転倒した交差点

ココまでの派手な転倒劇をやらかしておきながら、無意識が咄嗟に取った「 受け身 」が功を奏したのか奇跡的に骨折すら、していなかったのである。

事故の直後、左端に寄せて路駐していたトラック運転手の男性が救急車を呼んで下さったのだが、さらに目と鼻の先に「 守谷総合病院 」が有ったのも幸運だった。

病院での診察結果は「 全身擦過傷 」という診断でアチコチの皮膚が、めくれてはいたけれども応急処置中に看護婦さん達が「 よくあの事故で、あれだけの怪我で済んだわよね~ 」などと話していたと当時の日記に、綴( つづ )っている。

全身擦過傷の治療後1995年7月12日

まさに「 不幸中の幸い 」とは、この事であろう。

さらに両手の指が、ほぼ無傷だったのは革の手袋をはめていたのが奏功したからである。

バイクで転倒時に嵌めていた手袋

そして、その時に被っていたヘルメットにも大きなキズ跡が残っている。

フルフェイス型のヘルメットだから助かったが、もしこれが半キャップとかだったら、おそらく死んでいた筈だ。

160Kmで転倒時、ヘルメットに付いた傷

もう単車自体を卒業したので、これらの物は全部捨ててしまったが、バイクが原型を留めているのは何かに衝突した事故では無い幸運の証しである、という事が言える。

このことからも、バイクに乗る時には装備が重要だと痛感したのだが、それ以上に一番、気を付けるべきなのは無謀な運転を戒めるべきである、と言う反省であった。

よく「 運転は運を転がす 」と言われるがしかし、それでもやっぱり運が悪いと死ぬ

この時は「 」に助けられて「 九死に一生 」を得たのである。

新車をローンで買ってから1~2ヶ月目で廃車に

 冒頭の写真からはイマイチ伝わってこないが結論から申せば、このバイクは廃車にせざるを得ない程、実際には大破していたのである。

しかし、これはどう考えても幸運以外の何者でもない。

私め自身が死んだり植物人間にならなかったのもモチロンだが、それ以外にも「 たまたま対向車が来なかった事 」なども、非常に大きな要素で有ったと感謝している。

単車なんて所詮は「 物 」なので、いくらでも替えが利くが人間は、そうも行かないからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


記事ランキング

WordPressの.php編集でHTMLタグをイジっていたらブログが消えた NO1

第1位 失敗!WordPressがサーバーエラーで6回目の削除に

500&404Internal Server Errorが出て修復不可能に!  2015年の12月30日に、また誤ってWordPressを消すハメに…(ToT) 特に昨年2014 […]

記事の続きを読む
ブログ初投稿に使ったガラケーSHARP-910SH NO2

第2位 ブログ記事の作成が2017年12月9日で10周年の記念日に♪

【 本稿の記事ページの目次 】  1. 2007年の12月9日にモバゲー日記に投稿  2. モバゲー日記のブログ記事でも1万3千アクセス!?  3. 会社の先輩の紹介で入会したのが始まり  4. 3G […]

記事の続きを読む
トレンドブログ NO3

第3位 トレンドブログを書き続けても稼げない理由はなぜか?

【 本稿の記事ページの目次 】 1. 短時間で高品質な記事を作成できるのか 2. 猪突猛進でやみくもに作業しても稼げない 3. ズレた方法で記事を更新し量産し続けた結果 4. メンターはカーナビゲーシ […]

記事の続きを読む
畑岡 宏光,マスターマップ,MasterMap,スタートアップセミナー,東京会場

第4位 畑岡宏光氏のスタートアップ・セミナーに参加した感想

 畑岡 宏光氏は今回のマスターマップのスタートアップセミナー2016で、「 東京のセミナーで、これだけの温かい雰囲気は、かなり嬉しい♪ 」と感想を述べられていた。 マスターマップのスタートアップセミナ […]

記事の続きを読む
Kawasaki ZRX-Ⅱ事故後バイク屋で

第5位 ※実話※160キロのスピードで転倒したバイク事故の場所

本稿のバイク事故は忘れもしない1995年( 平成7年 )7月10日か11日の朝、不肖この私めがまだ20代だった頃の実話である。

記事の続きを読む
こまっちゃんのプロフィール

 初めまして、小松と申します。名刺代わりの当HPに、お越し頂き誠に有難うございます。以前はトラック運転手の仕事を足掛け13年やってました。誠心誠意、真心を込めた対応をさせて頂く様、全力で努めて参りますのでなにとぞよろしく、お願い申し上げます。ご意見やご要望、時には「 お叱り 」などもございましたら遠慮なく、お問い合わせを頂ければと思います。^^

プロフィールの続きを読む
アーカイブ

    Copyright(C) 2012-2021 小松 毅鑑の顔